為替レートの値動きの特長に関して

為替レートの動きの半分は気にする必要がないもの

以下では米ドル円を例に説明してみます。

 

まず経済指標発表時。とくに米ドル円に大きな影響を及ぼすものとしては、毎月第一金曜日に発表される米国雇用統計が挙げられます。発表時間は、日本時間だと夏時間で午後9時30分、冬時間だと10時30分になります。雇用統計のなかでも、非農業者部門雇用者数が、注目されている数字で、これが前年同月比でどのくらい増えたのかが、米ドルの動向に影響を及ぼします。とくに、市場の事前予想値に比べて大きく上回ると積極的に米ドルが買われ、下回ると米ドル売りが加速します。

 

また、東京市場では、実需が為替レートに大きな影響を及ぼします。つまり、輸出業者のドル売り、輸入業者のドル買いが、米ドル円レートを左右するケースが多いのです。たとえば1日のなかで見ると、午前10時の仲値決め、午前11時、午後2時というのは、投資信託の設定などによって米ドルの買いが高まります。

 

その他には、日本時間の早朝、ニューヨーク市場での取引が終わった後、オーストラリア市場で大きく動いたとしても、それは一種のダマシで、東京市場が開くと、再びニューヨーク市場の終値に近い水準にまで戻っていくという傾向も見られます。この傾向を把握していれば、オーストラリア市場で大きく動いたとしても、動じることなく対応できるでしょう。

 

次に1週間の流れで見ると、週初の月曜日や週末の金曜日には、輸出業者の米ドル買いが集中します。さらに1ヵ月単位で見ると、ゴトビといって、5日、10日、15日、20日、25日、30日というのは、米ドルの買い需要が高まりやすい日です。

 

1年で見た場合には、季節要因による需給バランスの変化によって為替レートが動きやすくなります。たとえば、9月と3月は、日本企業の中間決算、本決算があるため、リパトリエーションといって、海外資産を円資産に戻すため
の外貨売り・円買いが進みやすくなります。他に、日本だと5月連休、7〜8月の夏休み、12月の冬休みの時期に、海外旅行の需要から米ドルなどの外貨が買われやすいともいわれます。

 

こうしてみていくと、為替レートというのは日々、さまざまな理由で動いているということがわかります。ただ、こうした動きは、ごく当たり前の動きであり、トレントというのはそう簡単に発生するものではありません。為替市場の場合、全体の7割近くはボックス圏の動きで、トレント発生はわずか3割といわれるくらいです。

 

中長期のスタンスに立った投資をするにあたって、順風、逆風を判断するためのトレントとしては、米国の通貨政策に関するニュースに注目しておくとよいでしょう。米国の通貨当局である財務省が「強い米ドルを支持」すれば、米ドルは上昇トレントを描きます。逆に、「米ドル安を容認」ということになれば、米ドルは下降トレントをたどります。基軸通貨国だけに、米国通貨当局の意向は、米ドル相場、ひいては対円でみた外貨相場に大きな影響を及ぼすからです。

 

FX関連のおすすめサイト

 

達人のFX比較
FX歴5年の投資家が運営。最高のFX会社を選ぼう!FXの比較ランド。勝つためには サービス内容の評判がいいFX会社選びが重要です。スプレッドのFX比較から、ランドや トルコリラなど人気のスワップ金利通貨の為替レート情報

 

FX1000通貨で手数料無料&スプレッド0銭のFX業者比較
FXは1000通貨単位で少額投資金から始めよう!取引が有利になる手数料無料、 スプレッド0銭台のFX業者を徹底比較。FX初心者の方は約1万程度から始められる 1000通貨取引をおすすめします。

 

FX初心者入門
FX初心者のためのFX入門サイト。FX歴7年の経験者が運営。FXとは、取引の仕組み、 為替相場分析方法、人気通貨の為替レート推移、指値、トレールなど注文方法、取引 スタイル別の通貨ペアの選び方もご紹介。

 

円高の今がチャンス!海外で使えるクレジットカード
為替差益を狙うなら海外でクレジットカードを使って消費財を購入するのもお得。空港ラウンジや為替レート優遇がある人気のクレジットカード年会費無料のゴールドカードをご紹介。